水廻りを快適に!リフォームで満足できる生活を枚方で送ろう

広いキッチン

マンションの水廻りリフォームの注意点

一軒家

マンションの水廻りリフォームには多くの制約があります。給水・排水の位置などが決まっており、なかなか自由に水廻りの位置を変えることが出来ません。しかし、そこまでしなくても、キッチン、ユニットバス、洗面化粧台、トイレといった設備機器を最新のものに交換するだけで、十分に暮らしやすくなる点が、水廻りリフォームのメリットです。
例えば、キッチンの設備機器では、換気扇の進化は目覚ましく、某大手メーカーからは10年間お掃除いらずを謳う製品まで登場しています。ユニットバスでは、別の有名メーカーの魔法瓶浴槽のように、省エネ・エコを前面に打ち出し、快適さだけでなく家計にも優しい商品が増えています。トイレも節水型になり、4人家族で節約した水道代10年分で、リフォーム工事代をペイできるとも言われています。
マンションの水廻りリフォームをする際、もう一つ見落として欲しくないのは、配管のリフォームです。特に1990年代後半より前に建てられたマンションでは、一般的に給水管にライニング鋼管と呼ばれる鉄管が使用されていますが、これが錆びて劣化し、漏水事故を起こすパターンが増えています。
配管のリフォームは大掛かりな工事ですが、水廻りの設備機器の交換と一緒に行うといくらか簡単に、経済的に行うことが出来ます。マンションで水廻りのリフォームを行う際は、配管のリフォームが必要ないかどうか、業者や管理組合と相談してみましょう。

トピックス

部屋

安価で叶う、水廻りのリフォームでバリアフリー対策

実家のリフォームに携わった時の話です。別々に生活しているのですが、親が高齢になった時安心して過ごせるよう、バリアフリーをテーマにキッチンや風呂、トイレなどの水廻りのリフォームには一番気を使いました。一軒家なのですが、昔の高度成長期の作りなので、全てが画一的であり腰が曲がった時に届くかどうか微妙なラインだったので、まるごと水廻りリフォームをする形で検討してみました。…

ダイニング

お風呂のリフォームをお願いしました

我が家は築25年の一戸建てで、8年前にお風呂のリフォームをお願いしました。もともと10年前に中古で購入した家でしたので、住み始めた当初から水廻りや特にお風呂のリフォームは入れたいと思っていました。しかしながらリフォームの予算もなく、特に壊れている個所もなかったことから、しばらくこのまま使ってしまおうと水廻りのリフォームを延期していた状態でした。そんな我が家…

住宅街

水廻りのリフォームを終えて

築50年の実家が水廻りのリフォームを終えたところなので、そちらの話を書いてみます。1.浴室のリフォームについて実家では5年ほど前に、浴室のリフォームをしました。昔ながらのステンレス浴槽で、タイルの床が冷たいので、早く直したかったようです。全部壊してもらい、ユニットバスを組み入れて、真っ白なお風呂になりました。浴室乾燥機能つきで、100万円前後だった…

一軒家

マンションの水廻りリフォームの注意点

マンションの水廻りリフォームには多くの制約があります。給水・排水の位置などが決まっており、なかなか自由に水廻りの位置を変えることが出来ません。しかし、そこまでしなくても、キッチン、ユニットバス、洗面化粧台、トイレといった設備機器を最新のものに交換するだけで、十分に暮らしやすくなる点が、水廻りリフォームのメリットです。例えば、キッチンの設備機器では、換気扇の進化は目…